健康と美を創造する新しい科学の成果を世界から
ホーム健康器具(ポルサーとは?)
日本で唯一、わが社で、取り扱いをするポルサーとは、 1923年中国に生まれたポルサーのDr.YAOは、自然療法を学び、科学エンジニアーとして、第2次世界大戦後、日本滞在中は、ストッキング等に使われるストレッチナイロンを開発し、フリーサイズのナイロンストッキングの基をつくりました。その後、米国に移住し、大手化学会社の研究者として働き、特にヒューズエアクラフト社に在籍していた時から、電磁波の身体への影響を研究し、人間を有害な電磁波の影響から守るポルサーを発明しました。 [ポルサーとは、何か?]を説明するには、いろいろな表現があります。 ①ソリッドステートマイクロクリスタル構造の長広域波の受信、発信 ②人体から発生される「オーラ」と呼ぶ「気」の力の増幅体 ③宇宙からの波長、スカラウエーブとよばれるエネルギーを吸収するもの ④近代の電気製品から発生する微弱電磁波の害から我々を守るもの 人間の身体の極性の説明から、人間の健康との関連性、又、何故ポルサーが必要とされるのか説明して行きます。 ①エネルギー回路の働き  人間の身体から出ているオーラ(気)と呼ばれているエネルギーは、前側、後側にそれ ぞれ左、右、中央の3通りの渦の流れを持っています。  私たちが、健康な時、エネルギー回路は、正しくなっています。そしてこのような時、心 身両面共に幸福であり、又、幸運を呼び込むオーラの力が、大きくなっています。しかし  このエネルギーの流れが狂うとその部分に歪みが出来やすくなります。  例えば、胃の部分のエネルギー回路が、左廻り(逆になる)になれば胃潰瘍になりやす くなり、特に中央の回路で、骨盤の部分での男女の極性が逆になった時は顕著に現れ  女性は、男性ホルモンの分泌が過剰になり男のようになり、男性は、その逆になりま  す。 ②プラス、マイナスの極性とは、  宇宙では、色々な方向に電子が、飛び交っています。電子が右廻りの渦を巻いて動くと  原子の中心に集まり、凝固し熱を発し生命を生み出します。これが、プラスの極性と言 われています。反対に、電子が左回りの渦を巻いて動くと原子が中心から離れていき  拡散し消滅していきます。これがマイナス極性です。(ここのプラスマイナスは、電気の 極性では、無く細胞の中の電子の渦の極性です。)  全ての物体には、エネルギーシステムが存在しており、私達の身体では、常にエネル ギーが消滅、再生されています。そして、プラス、マイナスの両極性のバランスがよけ  れば健全な肉体と精神が保たれている訳です。多くの電気製品、宇宙線、通信機器等  から発生している電磁波は、マイナスの極性です。現代は多くのマイナスの極性に覆  われています。ポルサーは、常にプラスの極性を持ち中和し、エネルギーシステムを守 り、心身ともに健康で幸福な生活を創造することができます。